血流が悪くなる3つの本当の理由

2019.10.04

血流をよくするためにはまず

“血流が悪くなる本当の理由”を知ることです。

 

血流が悪くなる3つの本当の理由

①血がつくれない(気虚体質)

②血が足りない(血虚体質)

③血が流れない(気滞 瘀血体質)

この3つの原因には順番があり、①から③の順番で起こるそうです。

つまり、血をつくることができないために血が足りなくなり、足りなくなるために血が流れなくなるのです。

この血流を悪くしている3つの体質を順番に解決していくと、血流がよくなるのはもちろん、体質そのものの改善につながると考えられています。

また、3つの原因それぞれは漢方の体質と密接に結びついているそうです。

それが、「気虚」、「血虚」、「気滞 瘀血」の3つです。

漢方では他にも体質があるのにもかかわらず、

不調のある女性に共通の傾向”といっていいくらい、冷え性や生理痛、不妊など女性ならでは不調を抱えている方のほとんどの方の体質がこの3つに集中するそうです。

さらに、一人が1つの体質にあてはまるということではないそう。

2つ、3つと複数の体質を持っていることが普通だそうです。

 

 

自分がどの体質にあてはまるのかチェックしてみましょう!

気虚体質チェック

□疲れやすい

□風邪をひきやすい

□足がむくみやすい

□トイレが近い

□よく息切れがする

□軟便、下痢がある

□冷え性

□声が小さい

□胃もたれしやすい

□満腹まで食べる

□新陳代謝が悪い

□朝食が欲しくない

□やる気が出ない

□決めたことが続けられない、すぐにあきらめてしまう

血虚体質チェック

□動悸がする

□爪が薄い、割れやすい

□物忘れが多い

□顔色が白い、ツヤがない

□乾燥肌、カサカサ

□生理不順

□抜け毛、白髪が多い

□貧血、立ちくらみがある

□かすみ目、疲れ目がある

□手足のしびれ、筋肉のけいれんがある

□眠れない、熟睡できない

□耳鳴りがある

□不安になりやすい

□自分に自信がもてない

気滞 瘀血体質チェック

□口の中に苦い味がする

□下痢と便秘を繰り返す

□偏頭痛がよく起きる

□喉にものがつかえた感じがする

□生理前におなかや胸がはる

□ため息をよくつく

□シミ、そばかすが多い

□慢性的な肩こりや頭痛がよくある

□生理痛がひどい、塊がある

□顔や唇の色が暗い

□下肢の静脈瘤が目立つ

□ストレスに弱いと感じる

□イライラしやすい

□自分の感情がコントロールできない

いかがだったでしょうか?

それぞれ、2つ以上あてはまる場合はややその体質の傾向があり、4つ以上あてはまる場合は、その体質だと考えられます。

それぞれの体質について詳しくは、また次の記事でご紹介していきます!